中文客服在职中|한국어 대응가능|We have English speaking staff

先進的な肌の再生医療「真皮線維芽細胞療法」で美しさを取り戻す

肌の再生医療とは

肌の再生医療とは、少なくなってしまった線維芽細胞を移植して増やすことで、
老化した肌を修復して、肌の老化速度を遅くする治療です。

ご自身の肌の細胞を専用の施設で増殖・培養し、再び肌に移植して戻す最先端の美容治療です。

年齢とともに減少していく線維芽細胞の数を補充することで、しわやたるみ、
肌質を改善します。また、老化速度を緩和させることもできる治療法です。

線維芽細胞の移植イメージ


よしき銀座クリニックでは再生医療に注目し、
お客様に自然に美しいエイジング治療ををお届けするため、
第二種再生医療等提供計画番号(PB3230242)を取得しました。

線維芽細胞を増やす再生医療で、加齢に伴う肌トラブルを根本から改善し、
細胞レベルで肌の内側から本来の美しさを取り戻すサポートをいたします。

真皮線維芽細胞療法の効果

真皮線維芽細胞療法の効果一覧
  • 目元のシワ・
    たるみ改善
  • ほうれい線の
    改善
  • ニキビ跡
    改善
  • 額や眉間の
    シワ改善
  • ゴルゴじわの
    改善
  • 目元の
    シワ改善
  • 手や首の
    シワ改善
真皮線維芽細胞療法の効果一覧

こんな方におすすめ

  • 肌質そのものを改善したい方
  • 肌老化を遅らせたい方
  • 治療で異物を入れることに抵抗のある方
  • 自然な治療で悩みを解消したい方
  • 5年後、10年後にも健康な肌を求めている方

真皮線維芽細胞療法の特徴

線維芽細胞を増やす最先端の肌の再生医療
「真皮線維芽細胞療法」

線維芽細胞を増やす

線維芽細胞は真皮にあり、真皮を構成する3大要素であるコラーゲン線維・エラスチン線維・ヒアルロン酸を生み出しています。

真皮を構成する3大要素

コラーゲン線維
ハリ
弾力性
ヒアルロン酸
保湿
エラスチン線維
弾力性
保湿

線維芽細胞が減ると、
肌の再生力が低下しシワやたるみが現れる

線維芽細胞は20歳を超えると急激に減少し始め、50歳になると20歳の約半分にまで減少してしまいます。
そのためコラーゲンが作られる量も半減し、うるおいと弾力がなくなることでシワやたるみができてしまいます。

肌の再生医療で
肌老化現象の改善&老化速度を遅くする

真皮線維芽細胞療法は、ご自身の細胞から細胞を培養増殖させ、元気な線維芽細胞を移植する肌の治療です。これにより、肌組織が修復・改善され、肌老化が改善されます。
ヒアルロン酸などの注入治療や線維芽細胞を活性化させる治療と異なり、線維芽細胞自体を増やすことが期待できます。

  • ほうれい線

    ほうれい線の症例写真(2年6ヶ月後)
    リスク・副作用
    注射部位の赤みや腫れ、内出血の可能性がありますが、数時間〜1週間程度で治まります。
    価格
    プランにより異なりますので、当院までお問い合わせください。
  • 目のクマ

    目のクマの症例写真(6ヶ月後)
    リスク・副作用
    注射部位の赤みや腫れ、内出血の可能性がありますが、数時間〜1週間程度で治まります。
    価格
    プランにより異なりますので、当院までお問い合わせください。

顔の肌に比べて衰えるスピードが遅い(=若い)
耳の裏から皮膚を採取。傷跡が目立つ心配もなし

細胞を培養するための皮膚を採取します。
採取する部位は耳の裏で米粒大の大きさです。耳の裏は紫外線や摩擦などの外部刺激による影響を受けにくく、顔の皮膚に比べて肌年齢(細胞)が若いといわれています。

皮膚を採取した後の傷跡も、耳の付け根の折れ目に沿うので目立たず、テーピングのみで治ります。

肌年齢が若い耳の裏から皮膚を採取。傷跡は目立ちません

自然な若返り


肌の再生医療は、薬品、人工物を一切使わずにご自身の線維芽細胞のみを使用するため、アレルギーなどの心配が少なく、自然に近いかたちで肌を改善できる安全性が高い治療です。
その他の治療は、持続期間が短かったり、定期的に繰り返し治療を行う必要がありますが、真皮線維芽細胞療法は少なくとも2〜3年の効果が期待できます。

しかし即効性の高いほかの美容医療に比べて、再生医療は細胞の培養期間や移植後の線維芽細胞の定着から線維芽細胞の修復・再生過程があるため、効果を実感できるまで時間がかかります。
線維芽細胞本来の機能を改善していく治療ですので、治療効果の現れ方には個人差があります。

細胞を保管することで、
若い細胞をいつでも取り出し移植することができる

細胞を保管して、例えば10年後若い細胞を戻す

採取した皮膚は、厚生省から認可を受けた細胞培養センター「セルバンク」で、専門の技術者により線維芽細胞が抽出され、増殖された後、マイナス196℃の液体窒素タンクの中で冷凍保存されます。
5年後、10年後であっても、必要な時にいつでも使用することができます。

細胞保管セルバンクとは?

「細胞保管セルバンク」は細胞の銀行です。
厚生労働省から認可を受けたCPC(細胞培養センター[施設番号:FA3150017])です。
線維芽細胞をマイナス196℃の液体窒素タンクの中で半永久的に凍結保存することができます。
※細胞保管には別途保管料が発生します。

「細胞保管セルバンク」に細胞を保管しておくことで、元気な線維芽細胞をいつでも補充できるので、理想の肌を維持し続け、老化の進行を遅らせることができます。

細胞の銀行液体窒素タンクで半永久的に冷凍保存

1年〜2年に一度の肌メンテナンスに

年月とともに注入した細胞も老化を重ねていきます。
1年〜2年に一度、若く元気な線維芽細胞を補充することで肌組織で定期的に改善され、理想的なお肌の状態を維持することができます。

定期的にメンテナンスすることで理想的なお肌の状態を維持

価格表

初回施術費用

カウンセリング 3,000円
(税込3,300円)
血液検査 10,000円
(税込11,000円)
細胞採取・培養(細胞数6億あたり) 500,000円
(税込550,000円)
初回移植1回目(細胞数1千万個)※1 100,000円
(税込110,000円)
初回移植2回目(細胞数1千万個)※1 100,000円
(税込110,000円)

移植料単価

細胞数1千万個 100,000円
(税込110,000円)
細胞数2千万個 200,000円
(税込220,000円)
細胞数3千万個 300,000円
(税込330,000円)
細胞数4千万個 ※2 400,000円
(税込440,000円)

※1 細胞数により、下記表「移植料単価」の価格となります。
※2 4千万個以上の移植料単価は1千万個あたり110,000円(税込)となります。


価格例(60cc抽出し顔全体に4ccを2回注入した場合)

カウンセリング 3,300円(税込)
血液検査 11,000円(税込)
細胞採取・培養(6億個) 550,000円(税込)
初回移植1回(4千万個) 440,000円(税込)
初回移植2回(4千万個) 440,000円(税込)
合計 1,444,300円(税込)

別途細胞保管料(保管会社と直接契約)

月払い 年払い
1年目 16,500円(税込) ※6ヶ月間無料
91,080円(税込)
2年目 14,300円(税込) 157,740円(税込)
3年目 12,100円(税込) 133,540円(税込)
4年目 9,900円(税込) 109,120円(税込)
5年目以降 8,800円(税込) 97,020円(税込)

症例写真





施術の流れ

施術の流れ

施術時間 《皮膚採取》30分程度(診察を除く) 《移植》60分程度(麻酔を含む)
痛み 《皮膚採取》麻酔をするためほとんどなし 《移植》針を指すチクッとした痛み
ダウンタイム 《腫れ》1〜2日程度 《内出血》3〜5日程度(メイクで隠せる程度)
メイク 当日から可能
入浴 当日から可能(長時間の入浴は控える)
注意事項 ・血液検査で感染症が陽性の場合、治療を受けていただくことができません。
・注入量により注入できる範囲に限りがあります。
・移植注入予定日に合わせて細胞を加工するため、2週間以上前のご予約が必要です。

よくあるご質問

どのような治療ですか?
ご自身の血液・細胞を使用するため、アレルギー反応や感染症リスクが少ない治療です。
治療を受けられない人はいますか?
感染症疾患の方、癌や免疫疾患、基礎疾患のある方は治療をお受けいただけません。
効果に年齢制限はありますか?
年齢の制限はございません。どの年代の方でも効果を実感いただけます。
治療後の腫れなど、ダウンタイムはどうなのでしょうか?
注入に伴う赤みや腫れが、翌日〜5日間度現れます(個人差があります)
まれに内出血による青み(1センチ以内)が出ることがあり、その場合は完全に消えるまでに2週間かかります。
他の美容医療と併用はできますか?
併用していただいて問題ございません。治療内容によっては、一定の間隔を空けていただく必要がありますので、診察時にご確認ください。
治療した部位の仕上がりが不自然になりませんか?
真皮線維芽細胞療法は、薬品や人工物を入れるのではなく、ご自身の線維芽細胞のみを移植する治療です。
細胞移植の場合は、不要な細胞は自然と排除されるため、皮膚がでこぼこになるなど不自然な仕上がりになるご心配はありません。
真皮線維芽細胞療法は保険適応ですか?
保険適応外の自由診療となります。
自分の子供の細胞を使う事はできますか?
ご本人の細胞のみを使用いたします。お子様や他人の細胞は使用しません。
血小板PRPを使用した再生医療とでは、どの程度違いますか?
PRP療法は、血液の血小板の再生力を高めますが、再生医療の線維芽細胞移植療法の方が長期的効果を期待できます。
自身の細胞数を増やし、増やした細胞は肌の中でコラーゲンを作り続けるためです。
線維芽細胞移植治療は、将来そこから癌やその他の悪影響が出る可能性はありますか。
当院の線維芽細胞移植治療は、細胞培養に動物でなく自己の血清を用いているため、100%自己由来の治療となっております。
従いまして、将来的に悪影響が出る可能性は少ないです。
細胞の保管はどこでするのですか?
 よしき銀座クリニックが提携している株式会社セルバンク細胞培養加工施設(CPC)で安全に保管されます。
※セルバンクは、敷地面積298.82㎡の大規模なCPCを所有しており、「再生医療等安全性確保法」に則り、特定細胞加工物製造業許可を取得しています(施設番号FA3150017)。

プライベートな空間

ゆったりとしたスペースでお寛ぎください。
お飲み物もご用意しております。

よしき銀座クリニックでは、ゆったりとしたスペースでおくつろぎいただけるスイートラウンジと、施術からご精算まですべて個室内で完結できるスイートルームをご用意しております。
Wi-fi完備ですので、治療を受けながらプライベート感覚でご利用いただけます。

  • ゆったり寛げるスイートラウンジ

    スイートラウンジ

  • プライベート感覚で過ごせるスイートルーム

    スイートルーム

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合わせメールでのお問合わせ(患者様・メディアの方)